まずは場所を確保しよう!アンテナ設置場所

衛星放送のアンテナの設置場所は南西側で探す

衛星放送を受信するためのアンテナは、それほど大きいものではありません。だいたい縦横、それぞれ60センチ程度で収まります。設置する場合はとりあえず、それぐらいのスペースが存在する場所を確保する必要がありますが、よほど物が密集している家でない限り、確保はそれほど難しくないでしょう。
ただ、衛星放送のアンテナ設置の大原則として南西の方角に向けなければならないというものがあります。そこにしか、衛星放送の電波を発信する衛星が存在していないからです。そのため、南西の場所で空いているところを探すようにしましょう。
では、具体的にどういった場所に取りつけるのがいいのかというと、まず、バルコニーなどの手すりが挙げられます。アンテナを購入すると、手すりに取りつけるための金具が同梱されているので、設置は簡単にできます。

設置できそうな手すりがなかったら

では、家の南西部分に手すりのようなものが存在していない場合はどうすればいいのでしょうか。この場合は二つの方法が考えられます。まず、設置業者に頼んで家の壁面か、もしくは屋根に取りつけてもらう方法、もう一つが自分で自宅の敷地に棒を立てて、そこにアンテナを取りつけるという方法です。
後者の方法は具体的にどうすればいいのかというと、まず、伸縮する棒をホームセンターなどで二本買ってきます。それを南西側にある軒下などの天井部分と地面に挟んで固定し、アンテナを取りつければ完了です。設置するときのポイントは、風などでぐらぐらしないように棒をしっかりと固定するということです。ぐらついてしまうと安定して電波を受信することができません。

© Copyright Antenna Installation. All Rights Reserved.